08

執筆者: 布教団HP担当 (7:02 pm)

   私のいのちは 私一人のものでなく
 お父さんお母さんのものです
 そして お父さんお母さんのものだけでなく
 それぞれの おじいちゃん おばあちゃんのものです
 それは また
 ひいおじいちゃん ひいおばあちゃんのもので
 もちろん ひいひいおじいちゃん ひいひいおばあちゃんのものでもあります
 粗末になんか できますか
 不幸になんて なれますか
 いのちの根は いま 私に託されているのです

 これは、中日新聞に載っていた「いのちの根」という八木春美さんというお方の詩です。

執筆者: 布教団HP担当 (2:13 pm)

みなさんは何度も読み返したくなるような文章がありますか?
 私は親鸞聖人のみ教えを学ばせていただくとき、ふと読み返したくなる文章がありま す。それは、龍谷大学宗教部が1978年5月21日に創刊し、無料で配布している『りゅうこくブックス』に書かれてある「発刊にあたって」という二葉憲香 元龍谷大学学長の文章です。ここに紹介させていただきます。

執筆者: 布教団HP担当 (12:42 pm)

「餅は餅屋」という諺があります。餅は餅屋でついてもらったものが美味しいように、ものごとはその道の専門家にまかせるのがいい、という意味です。
 ある方が、理髪店へ散髪に行かれたときの話です。耳の周りをカットしてもらう際に、「こうすればご主人もやりやすいだろう」とカットする側をご主人へ向けるために首を動かしました。反対側をカットしてもらう際も同じように首を動かしました。

行事案内

12月
16

2017/12/16 07:00 - 08:00

12月
16

2017/12/16

12月
18

2017/12/18 09:30 - 10:30

12月
18

2017/12/18 16:00 - 17:00

12月
20

2017/12/20 13:00 - 14:00

12月
21

2017/12/21 13:30 - 14:30